スタッフ全員が元プランナー!!湘南・鎌倉・箱根エリア専門の式場紹介・結婚式相談カウンター

営業時間/10:00〜19:00 tel.050-3033-6674 

COLUMNコラム

2021.11.22(月)

  • ドレス・美容について

\結婚式に華を添える/〔お着物〕で参加する場合のゲストの着こなしハウツー

 

お着物で結婚式に参加すると喜ばれます♡
花嫁さんの間で和装の人気がじわじわと高まる今、

ゲストのお呼ばれファッションでもお着物を着るのはいかがですか?

お着物の柄や色あいってとっても華やかで豪華なので、

振り袖や訪問着で参加している友人ゲストがいると、

会場にぱあっと花が咲いたみたいな印象で

花嫁さんからとっても喜ばれるんです(^^♪

 

 

実は、着物にはメリットがいっぱい!


着物で参列するメリットは実はたくさんあるんです♡
着物を着ている人がいると、その場が華やかになること以外にも、
☑日本人の体型に合う
☑人とかぶらない
☑フォーマルに見える
☑長く何度も着れる
☑着る人の年齢を選ばない

 

 

ひとつ着物で、何パターンもの着こなしを楽しめるのが着物の良いところ♡
帯などを変えれば、同じ着物を全然違う印象で

コーディネートして何度も着ることができます。

そう考えると、ゲストドレスを何着も持つよりも

むしろ経済的かもしれませんね。
体型や年齢にかかわらず着ることができるので、

お母さまや姉妹でシェアすることも可能です。

 

 

\ご注意/着物を着る時は、年齢による着分けや柄にマナーがあります


そんな便利な着物ですが、年齢によって着るべき

着物が違ったり、シーンによってはタブーな柄が

あると知っていましたか?
せっかく喜んでもらえるはずの着物を着るなら、

主役をがっかりさせないためにも、

マナーも押さえておきたいですね。
家族や友人の結婚式にお着物で参加する際に、

知っておきたいマナーと、着物の種類をご紹介します。

 

 

ゲスト着物のマナー①振袖を着る場合
振袖は、未婚女性が着る和装の第一礼装。

また振袖でも袖の長さによって3種類に分けられます。

結婚式の披露宴に参加するゲストは、控えめな色、

おめでたい柄の振袖を選ぶのがおすすめです。

振り袖の3種類の一つ目は、「大振袖」といって、

袖の長さが約115cmのものを指し、最も格式の高い振袖。


大振袖は、本振袖ともいうように、

花嫁も着用する場合があるので被らないように注意が必要。

花嫁が大振袖を着る場合は、少し袖の短い「中振袖」や

「訪問着」を着るのがマナーなので、

花嫁さまの衣装を確認しましょう。


また、花嫁が大振袖を着なくても、目立つ衣装ではあるので、

花嫁の衣装の色とはかぶらないようするのがベターです。

 

 

ゲスト着物のマナー②訪問着を着る場合


訪問着は準礼装で、振袖と異なり、

未婚既婚を問わず着ることができます。

袖は60cmと短く場所を選ばない衣装なので、

結婚式のゲストの和装としては

とっても使いやすいですよ。
シンプルながらも、胸元にも模様があるので、

華やかな印象なのが嬉しいですね。

花嫁を引き立てることも出来る着物です。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか???

また、成人式とは違った面持ちで出かける

お着物姿は、周囲からも凛として美しく

写ると思います。

ぜひ、チャレンジしてみてくださいね☺

コラム一覧