スタッフ全員が元プランナー!!湘南・鎌倉エリア専門の式場紹介・結婚式相談カウンター

営業時間/10:00〜21:00 tel.0466-86-7082 

COLUMNコラム

2019.10.06(日)

  • 結婚準備について

something blueにまつわる話♡

こんばんは

湘南ウエディングカウンター 山本です

 

本日はsomething blueについて

 

きっと一度は耳にしたことがある方も

初めて聞くという方にも参考になればと

その意味について調べてみました。

 

式の準備の際、お役に立てればと思います♡

 

もともとは《マザーグース》の歌が由来となり

ヨーロッパでは200年以上も前から

花嫁さんの幸せを願うおまじないとして

古くから結婚式に取り入れられてきたようです。

 

また、something blue(サムシングブルー)

【SOMETHING FOUR】(サムシング フォー)

という4つの習慣の中の一つになります。

 

4つそれぞれご紹介したいと思います♡

 

1.something new/なにか新しいもの

これから迎えるおふたりの生活が幸せに

なりますようにと願いを込めて新しいものを

身に着ける習慣になります。

 

結婚式に着るドレスはもちろん、パンプス等

新しいものであれば何でも良いとされています。

 

 

2.something old/なにか古いもの

これから迎えるおふたりの生活が豊かに

なりますようにとご先祖のものを受け継いで

いく習慣になります。

 

日本では洋装での式の歴史が比較的浅い為

難しいかもしれません。一方ヨーロッパなどでは

母から娘へなど代々ジュエリーが引き継がれる

習慣があり、他にはウエディングドレスに手を

加えて母からお嫁さんへと受け継がれていく

場合もあるようです。

 

3.something borrow/なにか借りたもの

こちらはすでに結婚生活をおくっている

ご夫婦などから幸運をおすそ分けしてして

もらうという習慣になります。

 

例えば、式で使用したベールやハンカチなど

ウエディングに必要になる小物を借りる事が

多いようです。

出典:https://www.photo-ac.com

 

 

4.something blue/なにか青いもの

こちらは「青い鳥」の童話にもありますように

青は幸せを呼ぶ色。また忠実や信頼を象徴する色

として何か青いものを結婚式に取り入れる

という習慣になります。

 

他にも青は聖母マリア様の象徴として

純潔を意味する色としてのシンボルカラー

とされています。

 

そのような花嫁さんの純潔や貞操

清らかさを表す青の取り入れ方としては

人目につきにくいものを身に着けます。

以前は青いリボンを白いガーターなどに

飾り付ける事もあったようです。

 

最近では会場の装飾、ヘッドドレスや

ウエディングドレスの際に履くパンプス

ブーケの色味、バージンロードを青色でなど

おふたりのイメージに合わせた青を色々と

取り入れられます。

出典:https://www.photo-ac.com

 

something blueにまつわる話

少しでも結婚式のご参考になればと思います。

青色を取り入れた素敵な結婚式をぜひ♡

出典:https://www.photo-ac.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コラム一覧